株式会社 美和製作所 miwa, グローブボックス,ガス循環精製装置,電気炉,乾燥炉,高周波誘導加熱,クリーンオーブン,GLOVE,PURIFICATION,CLENOVEN,

our basic attitude for production | モノづくりの基本姿勢

  弊社は、1975年の創業以来、クリーンな雰囲気作りのメーカーとして、今日迄ディスプレイ・半導体・電子・電気・金属・機械・自動車・化学・食品・医薬品・原子力・航空宇宙等のあらゆる分野の方々と大学・研究所のご支援のもと発展してまいりました。21世紀におきましてもグローブボックス・ガス循環精製装置・電気炉等の最先端開発装置のリーディングサプライヤーとして新たなユーザーニーズを具現化することを通じ、独自の技術力の進化と最先端開発ユーザーの要望に応えるべく努力していく所存でございます 。  
 
 
 
 
     
  私たちは、永年培ってきた技術ノウハウを基盤に、各種製造機器、研究試験機器の開発設計、製作、販売と今求められている『クリーンな雰囲気』の中での省力化、効率化をカタチにします。  
 
 

ユーザーニーズに合わせて

     
  研究技術開発において、それぞれの開発段階にマッチした内容の機器をお届けします。ステップアップする生産、研究、開発に対しそれをもとにシステムアップすることで解決します。新しい開発技術について必要な機器は一度ご相談下さい。価格、仕様、納期にユーザーの要望を100%満足できる企業力をめざしています。  
 

 

小集団技術開発型で

     
  小集団の責任体勢で多様化、個別化、高度化する研究開発、多品種少量生産の市場ニーズに的確に応えていきます。又、新しい技術の吸収に努め、広範な領域に精通したスタッフを確保し、優れた機器、システムを今迄培ってきた技術ノウハウをもとに柔軟な思考と新しい技術によりお届けします。  
 

 

クリーンファクトリーを目指して

     
 

たちは法順守を基本に、生産工程でのあらゆる投入量(資源、エネルギーなど)と排出量の最小化に取り組み、環境負荷の低減と生産効率の向上に努め、地域社会と地球環境との共存を推進しています。
地球温暖化防止として、エネルギー消費に伴うCO2排出量の削減を中心に「製造プロセスにおける省エネルギー化・省資源・環境保護」「製品の省エネルギー化・省資源・環境保護」などの施策に積極的に取り組んでいます。
廃棄物に関しては、再資源化率の向上と発生量の削減を3R(リデュース、リユース、リサイクル)の観点から、工程の改善、分別の徹底など展開しています。
化学物質に関しては、リスク管理を第一に六価クロム化合物、PBB、PBDE、鉛、水銀、カドミウム、代替フロン化などを、安全衛生と排出量のゼロ化を推進しています。

※但し、仕入先で対応できず代替品のないもの等につきましては除外させていただきます。